鉄筋探査機 ストラクチャスキャン SIR-EZ XT

鉄筋探査機 ストラクチャスキャン SIR-EZ XT

NETIS登録番号:CB-160009-VE

R3B600E0_SIR-EZ XT_egweb

型式 商品コード
SIR-EZ XT R3B 600E0 001

 

特徴

●コンクリート内部探査深度約60cm、荒い路面(車高8mm)など、あらゆるシーンでの測定が可能な鉄筋探査機です。

●金属・非金属・配線・空洞・厚みが視えます。

●環境の悪い現場でも使える頑丈でコンパクトなデザインです。

●2,700MHzの高解像度アンテナ、6.5インチの高解像度スクリーンを装備しています。

●操作ボタンのシンプル設計とタッチパネルにより、操作性が向上しました。

 

用途 

●コンクリート内部探査、状態評価、電線管(CD管など)探査、漏れ・湧き水に。

●構造物探査、床板厚さ測定、空隙探査(ジャンカ・クラック・ヒビ)に。

 

 使用例

  ・壁探査    
  R3B600E0_SIR-EZ XT_rei1   R3B600E0_SIR-EZ XT_rei3

 

 

表示画面例

・波形
R3B600E0_SIR-EZ XT_rei2
 
・ダブル鉄筋波形
R3B600E0_SIR-EZ XT_rei

 

 

 

付属品

・バッテリ×4

・ACアダプタ

・収納ケース

・使用上注意書

・キーテックセーフティサポート

・最新バージョンについて

・充電器

・マイナスドライバー

・取扱説明書CD

・SIR-EZ XT簡易取説

・オプションユニットの注意点

 

 

 ▲このページのTOPへ

 

組合せ品 

商品名 商品コード
SIR-XT用超小型アンテナ CUBU R5K 00001 001

 

・狭所、入隅、壁際、円形構造物探査に最適です。

探査深度約60㎝、壁際約4㎝まで探査可能、タイヤの位置も下図のように3パターン付替えできます。

 
 R5K00001_CUBE_egweb   

 組合せ品使用例

R5K00001_CUBE_rei

  

 

商品名 商品コード
SIR-XT用電線判別ユニット AC Line Trac XT R5K 01001 001

 

・鉄筋の裏にある電線管も電流で探知します。下図のように水色の線で表示されます。

 
R5K01001_AC Line Trac XT_egweb1   

 組合せ品使用例

・本体+電線判別ユニット   ・画面表示例
R5K01001_AC Line Trac XT_rei3   R5K01001_AC Line Trac XT_rei4

 

reporteditorpro
商品名 商品コード
RCレポートメーカー  R5G 00002 001

 

・波形画像処理やマーキングが簡単に行え、Excelに画像やポイント情報を一括書き出し可能です。

・測定結果をパソコンで表示可能なソフトウェアです。

※お客様によるPCのご用意が必要です。windows10にも対応しております。
詳細はメーカーホームページへ

 

  ▲このページのTOPへ

 

仕様

商品コード R3B 600E0 001 R5K 00001 001
呼称 ストラクチャスキャン 超小型・キューブアンテナ
メーカー KEYTEC
型式 SIR-EZ XT(サー・イージー XT) CUBE
測定方式 電磁波レーダー
測定対象物 鉄筋、塩ビ管、電線管、空洞等
周波数 2,700MHz  2,300MHz
探査深度 約60cm
探査深度範囲 10、20、30、40、50、60cm
アンテナ中心の周波数 2.7GHz(2,700MHz)
比誘電率設定範囲 2~20
データ保存 14.5GB
電源 バッテリー稼働(2.5時間但しLED低照度)
車高 約8mm
探査位置 壁際約7.5cmまで探査可能 壁際約4cmまで探査可能
表示サイズ 6.5インチ
ディスプレイ解像度 1024×768
使用温湿度範囲 -20~40℃、95%以下
防塵・防水 IP65
外形寸法(W×D×H) 約157×236×184mm 約96×96×75mm
質量 約1.8kg(バッテリー含む) 約300g(本体のみ)

 ▲このページのTOPへ


資料

商品コード R3B 600E0 001 R5K 00001 001 R5K 01001 001 R5G 00002 001
付属品一覧  –
ペラチラシ
通信カタログ 次号掲載予定
メーカーカタログ

 

FAQ

現在FAQは登録されていません。

 


この商品に関するお問合せ先

通信計測部 TEL:03-6666-2329 / FAX:03-6666-2536

▲このページのTOPへ