塩分濃度計 表面用 SSM-21P

表面塩分計 SSM-21P

RTP00001_SSM-21P

 

型式 商品コード
SSM-21P RTP 00001 001

特徴

●測定対象に測定セルを固定し、測定水(純水)を注入するだけで表面の塩分濃度が測定できます。

●測定セルは磁力で固定するため、表面を汚さずに測定できます。

●鋼構造物は、塗装前に表面を洗浄する必要があり、塩分濃度は腐食防止のため、塗装前の洗浄の指標として重要です。

●PSPC対応。表面塩分濃度を4種類の方式で直読みします。 (水可溶性塩分濃度表示
  ①PSPC、②ISO 8502-9換算方式採用、③NaCl濃度表示、④電気伝導率表示)

用途

・船舶、橋梁、プラントなど大型鋼構造物の塗装前の洗浄チェックに。

・塩害防止塗装の可否チェックに。

 

使用方法

 

●測定方式

 

測定対象(鋼製)に固定した測定セルに一定量の純水(精製水)を注入し、表面塩分を溶解させ、その電気伝導率を測定します。この測定値から水可溶性塩分濃度、または、塩化ナトリウム濃度に演算して表面塩分濃度を表示します。

 

●手順

 

①測定セルを測定対象に固定します。
②純粋10mLを挿入用シリンジで注入します。
③本体のStartキーおよび測定セルの攪拌スイッチを押します。
④測定終了とともに測定値を表示、保存します。
⑤測定セルの攪拌を止めます。

  RTP00001_3
   

外形図                               単位:mm

・測定セル  
RTP00001_SSM-21P_sunpo  

 

付属品

・測定セル
・ストラップ
・注入用シリンジ(チューブ付)
・専用ドライバー
・エア抜きシート(取付済)
・ECセル用チェック液0.01mol/kg(100mL)
・精製水(純水)(100mL)

・単3アルカリ乾電池×2
・9Vアルカリ乾電池
・取扱説明書
・簡易取扱説明書
・弊社検査成績書

 

販売品

・追加ECセル用チェック液0.01mol/kg(100mL)
・追加精製水(100mL)

 

▲このページのTOPへ

 

仕様

商品コード RTP 00001 001
メーカー 東亜ディーケーケー
型式 SSM-21P
測定項目 表面塩分
測定方式 電気伝導率法
測定モード ①水可溶性塩分(PSPC対応)②水可溶性塩分(ISO 8502-9換算式)
③塩化ナトリウム(NaCl)④電気伝導率
測定範囲 水可溶性塩分濃度 0~199.9mg/m2、0~1999mg/m2(オートレンジ)
塩化ナトリウム濃度
電気伝導率 0~199.9μS/cm、0~1.999mS/cm(オートレンジ)
温度 0~50℃(表示範囲:0~99.9℃)
温度補償範囲 ATC(自動温度補償):0~50℃ 基準値換算温度:25℃
温度係数 2.0%/℃(固定)
データメモリ

300データ(測定時刻、測定値、温度)

測定時間設定 1分、3分、連続
セル定数

測定セルより自動読込(手動入力可能)

測定セル   測定面積

1250mm2

使用液量

10mL

攪拌機能

モーター直結攪拌子による

ケーブル長

1m

使用温度 ・温度 0~40℃ 、0~80%
電源 

単3形アルカリ乾電池×2本

電池寿命 

本体:約50分(アルカリ電池使用時)

寸法(W×D×H) 

本体:約75×187.5×37.5mm
測定セル:φ94×104mm(突起部ケーブル含まず)

質量 (電池含む)

本体:約310g 測定セル:約680g

 

 

▲このページのTOPへ

 

資料

商品コード RTP 00001 001
付属品一覧
通信カタログ 次回掲載
メーカーカタログ

 

▲このページのTOPへ

FAQ

現在FAQは登録されていません。

この商品に関するお問合せ先

通信計測部 TEL:03-6666-2329/ FAX:03-6666-2536

▲このページのTOPへ