汎用振動計 ポケッタブルVM-63C

汎用振動計 ポケッタブルVM-63C

RTEP1501_VM-63C_egweb1

型式 商品コード 備考
VM-63C RTE P1501 001 校正付

特徴

●押し当てるだけで測定でき、幅広い振動数範囲をカバーする小型振動計です。

●回転機械を中心とした産業用機械の保守管理、点検における振動計測に適しています。

●センサーと表示部が一体化しているため、ケーブル接続なしで使いやすさを追求しました。

●加速度(m/s² Peak)、速度(mm/s RMS)、変位(mm P-P)を液晶に表示します。

●アンバランス、ミスアライメント(低振動数領域)、ベアリング振動(高域振動数)の測定が可能です。

●ワイドレンジ設計のため、測定レンジの切り換えが不要です。

●電源スイッチはなく、測定ボタンを押して起動・自動でシャットダウンします。

 

測定例

 ・アタッチメントS ・アタッチメントなし
 RTEP1501_VM-63C_rei3 RTEP1501_VM-63C_rei4

測定方法

  ●測定準備
   
 

1.単3形乾電池2本を電池室に入れます。

2.加速度/速度/変位選択スイッチで測定モードを選択します。

 加速度測定(m/s²)を選択した場合、振動数帯域を高域/低域選択スイッチにより

 LO(Low レンジ:10Hz~1kHz)、HI(High レンジ:1kHz~15kHz)の2帯域から選択できます。

  RTEP1501_VM-63C_houhou1
   
  ●測定手順
   
 

1.MEASUREボタンを押し電源を入れ、振動検出部を測定対象物に押し当てます。

 押し当てる力は500gから1kgが適当です。

2.MEASUREボタンを押し続けている間、表示部に振動量が表示されます。

3.MEASUREボタンをはなすと、振動量がホールドされるので、測定値を読みます。

4.再度MEASUREボタンを押し続けることで、繰り返し測定ができます。

5.60秒間なにも操作を行わないと、電源が自動でシャットダウンされます。

  RTEP1501_VM-63C_houhou2

 

外形寸法図

RTEP1501_VM-63C_sunpo

 

付属品

・シリコンラバーケース

・アタッチメントS(装着済み)

・単3形アルカリ乾電池×2(装着済み)

・収納ケース

・取扱説明書

・メーカー検査成績書

・校正証明書写し

 

▲このページのTOPへ

 

仕様

商品コード RTE P1501 001
メーカー リオン
型式 VM-63C
呼称 ポケッタブル振動計(RIOVIBRO)
適合規格 中国版RoHS、CEマーキング
構造 圧電式加速度ピックアップ(せん断構造)
測定範囲 加速度 0.1~199.9m/s² EQ PEAK(RMS×√2)
速度 0.1~199.9 mm/s RMS
変位 0.001~1.999mm EQ P-P(RMS×2√2)

測定精度

(80 Hzにおいて)

使用温度  -10~+50℃ 左記の範囲以外
加速度 ±5%±2ディジット ±8%±2ディジット
速度 ±5%±2ディジット ±8%±2ディジット
変位 ±10%±2ディジット ±15%±2ディジット
測定振動数範囲 加速度 10Hz~1kHz(L0) 1kHz~15kHz(HI)
速度 10Hz~1kHz
変位 10Hz~1kHz
表示 MEASUREボタンを離すと指示値がホ-ルド
測定値表示 3 1/2桁ディジタル(LCD)
表示周期 約1秒
信号出力 イヤホン(VP-37)を接続
出力抵抗 約170Ω
負荷抵抗 約10kΩ以上
交流出力 約±2 V PEAK
電源 単3形アルカリ/マンガン乾電池/ニッケル水素充電池×2本
消費電流 約35mA
電池寿命 連続動作時 約50時間(23 ℃、50 %RH、アルカリ乾電池)
使用温度・湿度 -20~+60℃、90%RH以下(結露なきこと)
寸法(W×D×H) 64×27×178mm
質量 約200g(電池含む)

 

▲このページのTOPへ

 

資料

商品コード RTE P1501 001
取扱説明書
付属品一覧
ペラチラシ 準備中
通信カタログ 次号掲載予定
メーカーカタログ

▲このページのTOPへ

FAQ

現在FAQは登録されていません。

▲このページのTOPへ


この商品に関するお問合せ先

通信計測部 TEL:03-6666-2329 / FAX:03-6666-2536

▲このページのTOPへ