スカイプラットフォーム 1t

特徴

1. 軽量型
  手摺を外せば、本体重量は1t程度の軽量型です。自重が軽くても、積載重量は1tまで可能です。
2. フルスライド型を採用
  大型のスカイプラットフォームと同じ、2,500mmのフルスライドが可能です。
3. コンパクト設計
  全長が5,900mm(~3,400mm)なので、マンションや事務所でも設置が可能です。
4t車に積載が可能です。

使用事例

・首都圏の現場などで、4t車搬入の指定現場。
・事務所ビルやマンションの建設現場。
・クレーン車を設置できない現場。(※場内に1tクレーンが設置してあることを、条件とします。)
・荷取り用の開口部が小さい現場。

▲このページのTOPへ


寸法・外形図



▲このページのTOPへ

設置方法

 

1.運搬状況
2.荷降ろし
3.手摺組立て(フロント)

・手摺(フロント側)を建て起こし、ボルトにて固定する(2ヶ所)
4.手摺組立て(サイド)

・手摺(サイド側)を建て起こし、横スライドさせてからボルトにて固定する(○印ヶ所)
5.ウィンチ取付

・ウィンチを所定の位置にボルトにて固定する
・ワイヤー長さ、スプリング調整を行う
6.設置1

・ワイヤーロープは、5分以上4.5m×4m×2を使用する
・安全ロックピンおよび手巻ウィンチロックを固定する
7.設置2

・ローラーを利用して躯体内にすべり込ませる
8.設置3
9.設置4

・ホルダービームが安全に躯体に入ったことを確認する
・前後4本のサポートを張る
・サポート設置中はワイヤーロープは外さない
・完全にサポート設置後、ワイヤーロープを取外す
・ワイヤーロープ取外し後、増締めを行う(4本共)
10.完成

解体方法

 

1.解体準備
①

・本体に長シャックルを取付ける
・ワイヤーロープは5分以上4.5m×2本、4m×2本を使用する
・躯体側のワイヤーロープにはチェーンブロックを緩めた状態で取付ける
・安全ピンおよび手巻きウインチのロックを固定する

2.サポート解体・本体揚重
②サポート

・前後4本のサポートを緩め取り外す
・サポートの解体中はワイヤーロープははずさない
・サポート解体後に揚重する
・ローラーを利用して躯体外にすべらせる

3.解体1
解体1

・ワイヤーロープが躯体に干渉しなくなるまで本体を張出したらチェーンブロックを調節しワイヤーロープを張る

4.解体2
解体2

・揚重機にて地上へ移動する

5.本体解体
本体解体1

・ウィンチを固定しているボルトを緩め解体する

6.手摺解体(サイド)
本体解体2
・手すり(サイド側)のボルトを緩め、手すりを本体から引き抜く
7.手摺解体(フロント)
本体解体3

・手すり(フロント側)の蝶ネジを緩め、手すりを本体から引き抜く

8.積込み
積込み

・本体に長シャックルを取付ける
・ワイヤ-ロープは5分以上4本使用する
安全ロックピンにて固定する

9.運搬状況
運搬状況

客先手配品

玉掛け用ワイヤーロープ(5分以上、4m×2本・4.5m×2本)及びシャックル
チェーンブロック(1.5t×2個)
レバーブロック(1.5t×2個)
ロックマン(C-50×4個)

▲このページのTOPへ


仕様

商品名 KSS-1 フルスライド型
商品コード T2C 10000 001
最大積載荷重(t) 1.0
本体長さ(mm) 5,900
本体幅(mm) 1,750
跳出荷台長さ×巾(mm) 2,500×1,510
自重(t)

1.16t

1.085t(手摺外し時)

スライド動力 手動ウィンチ

▲このページのTOPへ


資料

商品名 スカイプラットフォーム
KSS-1 フルスライド型
商品コード T2C 10000 001
寸法(PDF)
作業手順書
解体手順書
カタログ(ペラ)

■資料を保存する場合はアイコンを右クリックし「対象をファイルに保存」を選択してください。

▲このページのTOPへ

FAQ

現在FAQは登録されていません。


この商品に関するお問合せ先

建築部 TEL:03-6666-2548 / FAX:03-6666-2374

▲このページのTOPへ