無線式トラックスケール TJTRF2-10LM

無線式トラックスケール TJTRF2-10LM

型式 商品コード
TJTRF2-10LM RB5 10010 001

特徴

●業界初!ワイヤレス
配線不要の無線式、ケーブル破損事故の心配は不要です。

●作業効率大幅アップ
無線化と900mmの幅広タイプ検出部(PAD)採用で準備期間と測定時間が大幅に短縮できます。

●画期的高精度(最高±0.1%F/S)
※静止計量の場合
厚さ33mmの超薄型採用のより、水平に近い状態での高精度な計測を実現します。

●コンパクト・タフ
1PADあたり28.5kg。PAD本体は防塵、防滴IP64相当。
表示器は、ポータブルになり、重さはわずか4.2kgです。

●2PAD
最大ひょう量は、120tまで対応可能です。

設置手順

1.右写真の様に計量台を地盤の固い平らな床面に設置して下さい。
2.計量機前後に助走路を2枚設置します。
3.助走路の前後にスロープを設置します。
4.計量機の電源を入れて、赤ランプが点灯したら準備完了です。
(緑ランプはバッテリー低下のため、充電して下さい。)

 

使用手順(静止1回計量の空車重量登録がない場合の手順)

1. 表示器電源 を入れて、ゼロ、安定〈表示〉を確認します。
2 .計量機のPADに、1軸目の車輪を乗せます。〈安定〉表示の後、 キーを押す。
3. 車軸数だけ、手順1.2を繰り返します。(最大、6軸まで計量可能です。)
4. キーを押しますと、全軸の合算重量を表示します。
5. キーを押して、車両番号を入力して、 キーを押します。
6. 空車重量を入力した後、 キーを押すと、正味重量が表示されます。
7. キーを押すと、印刷されます。
8. 1台の計量は、これで終了です。次の車輌は手順2〜7を繰り返します。

付属品

・計量機(PAD)本体×2 ・表示器×1 ・スロープ×4 ・助走路×8

・表示器用充電器×1 ・計量機用充電器×2 ・感熱ロール紙×1  
・取扱説明書×1(表示器用、本体用)  ・簡易マニュアル  ・検査書類

PAD寸法図

印字フォーマット例

基本書式は、サイン欄がございません。

・測定日時
・伝票番号
・車輌番号
・総重量
・空車重量
・正味重量
・運転者サイン
・管理者サイン

販売品

・記録紙 無線式トラックスケール・ポータブル用  
 商品コード:RB00000000000001

▲このページのTOPへ

仕様

表示器

商品コード RB5 10010 001
メーカー 守隨本店
型式 TJTRF2-10LM
電源 再充電式鉛バッテリー
印字内容 日時・伝票番号・車番(5桁まで)・総重量・空車重量・正味重量
登録機能 車番・滞留車登録999台まで可能
使用温度範囲 −10〜40℃
最小目盛 0.01t
連続使用時間 150時間
寸法 全幅W 270mm
奥行D 250mm
全高H 124mm
質量 4.2kg

PAD

商品コード RB5 10010 001
メーカー 守隨本店
型式 TJTRF2-10LM
電源 再充電式リチウムポリマーバッテリー
ひょう量 10t(1PADあたり)
最小単位 10kg
総合精度 ±0.1%(静止計量時、最高値)
±5〜10%(通過計量時、時速10km以下)
安全過荷重 ひょう量の150%
使用温度範囲 −10〜40℃
連続使用時間 70時間
寸法 全幅W 1,041mm
奥行D 840mm
全高H 49mm
載台部寸法(W×D×H) 900mm×500mm×35mm
質量 約28.5kg

※:設置条件や計量軸数により、精度は変動がございます。

▲このページのTOPへ


資料

商品コード RB5 10010 001
取扱説明書  
簡易取扱説明書
トラブルシューティング
付属品一覧
通信カタログ
ぺラカタログ
メーカーカタログ

▲このページのTOPへ

FAQ

現在FAQは登録されていません。

▲このページのTOPへ


この商品に関するお問合せ先

通信計測部 TEL:03-6666-2329/ FAX:03-6666-2536

▲このページのTOPへ